結局、”自分の給料を増やしたいだけ”のメンズエステ店員

今から2年ほど前、ひげの脱毛キャンペーンに行ったことがあるのです。
べつにそんなにひげが濃くて悩んでいるというわけではないのですが、
とあるメンズエステでひげの脱毛が1000円でできるというキャンペーンがありました。

一体どんなキャンペーンだろう?

ちょっと試しに行ってみようかな、ってことでメンズエステに訪れました。
その時の模様をこちらのサイトにアップしました。

http://xn--tbc-g83bpg2qyi6e4867ctuwb.biz/

そこで驚きだったのが、ひげの脱毛を1本1本、針を使って処理していくというやり方。
これは骨が折れるだろうなー、と思ってしまいましたね。

で、

対応してくれた店員なのですが、すごく愛想がいいのです。
なんていうか、ちょっと不気味なくらい愛想がいいのですよ。

やたらこっちのことをヨイショするような言葉の言い回しをしてきたり、
こっちの気分を上げるようなおべっかを使ってきたり、とにかく過剰な接待をしてくるのです。

どういった施術内容だったかということは、ここでは言及しませんが、
驚いたのは一連の体験キャンペーンが終わったときのこと。

しきりに契約を迫ってきました。
ボクは体験で行っていただけだったので、契約する気など毛頭なかったのですが。

結局断ることになりました。

すると、その女店員の態度が一変したのです。
急に淡泊な対応になりました。

こっちからすれば、それはないでしょ!

って言いたくなるくらいの冷たい対応に変わっていき、
お帰りはそちらですから!みたいな感じで早く帰れ、オーラが漂っていました。

結局のところ、何を言いたいかというと、初対面でやたらと過剰な接待をしてきたり、
おべっかを使ってくるような人間は必ず裏があるということです。

この場合だと、その店員は契約を結ばせ、歩合制の報酬をアップさせたかっただけということ。
こちらのことが気に入っているわけでもなんでもないのです。

このあたりのことは、実はボクが自分自身で一番分かっていることでもあるのです。
なぜなら、昔営業マンをやっていた時代がありましたからね。

こういうときの気持ちというのは痛いほどよく分るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>